2020.08.05 UP 0 閲覧数 102
美とおしゃれ

おしゃれ着としての着物がワンランク上の女性を作る

着物を着る機会は冠婚葬祭時という人がほとんどですが、その中でも着物をおしゃれ着としてカジュアルに着こなす感度の高い50代女性が増えてきています。

50代という年齢だからこそ、何気ない日常に着物が映えます。

今回は、50代女性が着こなすカジュアルな着物の着こなし方やコツをご紹介します。

着物を着ることは日本人としての誇り

日本の文化の一つでもある着物は、古くから伝わる日本だけにしかない伝統衣装として絶やしてはいけないものだと感じます。

昔は、着物で生活をするのが通常であり、一人で簡単に着られるものでした。

近代化が進むにつれて西洋文化のシェアが拡大し、日本の文化が薄れていくような時代もあった中で、近年では日本の文化を大事にしようと日本の「食」、日本の「芸術」など盛り上がりを見せています。

そして、着物も海外の観光客や若い世代から人気を集め、レンタル事業の普及が進んでいます。

50代女性の中には、冠婚葬祭時に着ること以外は着ないという人も多いでしょう。しかし、普段着として着物を着る機会は、今しかないようにも思います。

様々なことを経験して滲み出る50代の凜とした佇まいは、着物が一番似合う年代ではないでしょうか。

着物を着ることで得るもの

着物は洋服と違い、着る順番が決まっていたり、きれいな着姿にするためのコツがたくさんあります。洋服は数分で着れるものが、着物は1時間〜2時間程度かかってしまう場合もあります。

しかし、着物の最終段階である帯を締めた後は、なぜか背筋が伸び、自然と姿勢が良くなったことを経験した人はいませんか?

着物は姿勢から歩き方、そして所作までも正しくしてくれる魔法のお召し物と言っても過言ではないのです。

着物を着ると、思うように動けないため、動作が細やかになることから、一つ一つの動作が女性らしく見えます。

また、着物を着ることで背筋も伸び、小股で歩くようになるため、自然と所作が整うことも着物の持つパワーだと思います。

着物は、女性らしいしおらしさや品格に気づかせてくれる伝統衣装なのです。

着物を着てワンランク上の50代女性を目指す

洋服でおしゃれする人が溢れる中、着物をきれいに着ている人を街で見かけたら振り向いてしまいますよね。特に、着物や帯のデザイン、着物に合わせたヘアスタイル、歩き方などトータルでまとまっている人は魅力的です。

そして、着物は誰でも簡単に着れるものではありません。

着物をきちんと着るということは、「TPOを知る」「マナーを知る」「着せ付けを知る」など着物を着る上での知識が必要なため、これらを熟知した50代の女性はワンランク上の装いができます。

50代女性が着たいカジュアル着物ってどんなもの?

カジュアルな着物にはアンティークのものや浴衣なども含まれますが、50代の女性なら、ぜひ小紋や紬などの正絹の着物を着てほしいものです。

着物には種類がありますが、第一礼装と言われる黒留袖や喪服、準礼装の江戸小紋や付け下げなどがあります。

この礼装に当たる着物はカジュアル着物ではないので、基本的に日常では着ません。そして、訪問着や色無地なども華やかなシーンで着るのがベストなので、日常では避けたいところです。

このように着物は、TPOで着るものが変わってくるため、着物の知識を持っておくことも50代の着物ライフを始めるには必要かもしれません。

そこで、カジュアル着物とは?

  • 小紋
  • 木綿

など、素材自体が軽やかなものが多いのが特徴的です。

紬や木綿などの着物は、友人との食事会、パーティー、観劇などで活躍します。

逆に向かないのは、結婚式や式典などの礼装が必要とされる場面。着物の種類で使い分けられると、とても素敵ですよね。

50代女性におすすめのカジュアル着物とは?

それでは、ここで50代女性におすすめのカジュアル着物をいくつかご紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

【大島紬】

昔から受け継がれている大島紬は、耳にした人も多いのではないでしょうか。

鹿児島県の奄美大島で織られた着物で、染め方は泥染です。

なので、大島紬で多いのは、墨黒や茶などのシックな色が多いのが特徴です。

また、大島紬の特徴の一つであるのが、「シワになりにくい」ということ。移動が多かったり、習い事で立ったり座ったりを繰り返すことが多い場合、大島紬がおすすめです。

【牛首紬】

希少で高価な牛首紬は、石川県で織られています。

牛首紬は「玉繭」から職人さんの手作業によって糸を紡いでいきますが、この技は非常に高度で、丹精込めて作られています。

耐久性とハリのある牛首紬も、着物で動くことが多い人におすすめです。

 

【小紋】

小紋は、一見パッと見ると無地に見える着物ですが、よく見ると細かい文様が地模様として入っているのが特徴です。

基本的に小紋は第一礼装ではなく、日常で着れる着物としての位置付けです。

しかし、紋入りの江戸小紋になると訪問着などと同じ格になるため、結婚式や披露宴で着ることができます。

小紋にはグレーやベージュなどのシックな色からペールトーンなどの柔らかい色まで多種多様です。

帯を華やかな柄にして普段着として着こなす人が多いため、コーディネートしやすい着物と言えます。

 

【藍染の着物】

深い藍色が印象的な着物です。袖を通すと感じる藍の香りと、なんとも言えない吸い込まれるような藍の色が、女性としての格を上げてくれます。

藍染の着物は、染める際に使用されている原料が解熱・解毒・血液浄化などの効果があると言われ、虫刺されや傷から守ってくれる着物として親しまれてきたようです。

 

これ以外にも、職人さんが手描きで丁寧に作られた正絹の着物や様々な手法で染められたカジュアルな着物がたくさんあるので、ぜひ、普段着でお好きな着物を気軽に取り入れて、ファッションの視野を広げてみましょう。

まとめ

おしゃれ着で着れる着物の種類はたくさんありますが、50代で着物を日常で着る際には、シーンに合わせた着物やマナーなどをきちんと知っておくことが大事です。

ワンランク上の50代に見せるには、優雅に丁寧に着物を着ていることです。

自分の時間が増えた人、まだまだおしゃれを楽しみた人は、ぜひ「着物」という伝統衣装に触れてみてはいかがでしょうか。

RANKING よく読まれている記事

美とおしゃれ
おすすめ キレイな50代女性がやっている10のこと…
0 閲覧数 5,136
美とおしゃれ 趣味と教養
-5歳は若返る!? 50代からの正しいメ…
0 閲覧数 4,290
更年期 終わりのサイン
健康と食
更年期の「終わりのサイン」って?更年期後…
0 閲覧数 3,946
健康と食
おすすめ 塩抜きダイエットレシピ5選!滋味豊かな食…
0 閲覧数 2,227
おすすめ 空の巣症候群とは?子どもが巣立った後にで…
0 閲覧数 1,388
ごぼう茶
健康と食
美容に良いと話題のごぼう茶!効果や効能は…
0 閲覧数 1,310
健康と食
おすすめ 星野由香先生が教える「ほぐピラ」メソッド
0 閲覧数 1,229
健康と食 暮らしと生き方 特集・連載
おすすめ 桧山タミ先生が見つけた幸せな生き方「家…
0 閲覧数 852
暮らしと生き方 趣味と教養
おすすめ 除菌スプレーは自分で作る!おうちで簡単に…
0 閲覧数 756
美とおしゃれ
50代女性は髪が命!髪がきれいな50代女…
0 閲覧数 587
二重あご 髪型
美とおしゃれ
二重あごが目立たない髪型は?おすすめヘア…
0 閲覧数 537
健康と食
暑い・寒い・眠い・痛い!?更年期の症状は…
0 閲覧数 526
特集・連載 趣味と教養
【special interview】「…
0 閲覧数 368
美とおしゃれ
おすすめ エレガントな女性は持ち物で決まる!素敵な…
0 閲覧数 360
暮らしと生き方
いくらあげる?孫へのお祝いやお年玉
0 閲覧数 350
特集・連載 美とおしゃれ
【美容特集】グレイヘアという選択
0 閲覧数 349
健康と食 美とおしゃれ
健康も美容も両方叶える!50代女性のおす…
0 閲覧数 333
健康と食 暮らしと生き方
イライラする!?更年期障害の改善に期待で…
0 閲覧数 297
エンタメ 美とおしゃれ
【クローズアップ vol.1】純 烈
0 閲覧数 293
趣味と教養
おもてなしにも喜ばれる!優雅な趣味「食卓…
0 閲覧数 266
もっと見る

今が定期購読を始めるチャンス!

表紙
表紙

めりぃさん
発行:ては〜とホールディングス株式会社

めりぃさんアプリをダウンロード→会員登録して無料定期購読をはじめよう! 会員特典0円

めりぃさん
発行:ては〜とホールディングス株式会社

毎日の暮らしや健康ライフをサポートする情報誌「めりぃさん」を定期購読しませんか?めりぃさんアプリをダウンロードして会員登録頂くと、特典として、年6回発行される情報誌めりぃさんを永年無料でご自宅までお届けします。ぜひこの機会に、めりぃさんアプリからお申し込みください。

まずは、お使いのケータイにめりぃさんアプリを無料で簡単にダウンロード

QRコードが読み込めない場合はApp StoreまたはGoogle Playで「めりぃさん」と入力して検索してください。

「iPhone」の方は
こちらから

App Storeからダウンロード
App Storeのqrコード

「Android」の方は
こちらから

Google Playで手に入れよう
Google Playのqrコード