2020.12.07 UP 0 閲覧数 526
健康と食

暑い・寒い・眠い・痛い!?更年期の症状は十人十色

更年期の症状は、その人その人によって全く違います。あまりメジャーではない症状が出た方は、この症状は更年期なのか、それともなにか病気が原因なのかと不安になることでしょう。更年期の症状は多彩ですので、あまり知られていない症状も存在します。どんな症状が見られるかチェックしてみましょう。

更年期とは?

更年期は閉経の前後5年間の期間をいいます。早い人で30歳代、遅い人で50歳代で更年期が始まります。下記の症状は、更年期によくみられる症状になります。

  • 疲れやすい
  • 肩こり、腰痛、手足の痛み
  • 不眠症状(寝つきが悪い、眠りが浅いなど)
  • 頭痛、めまい
  • 汗をかく
  • 手足の冷え
  • 気分の落ち込み、イライラ
  • 皮膚のかゆみ、乾燥

これらの症状は、「更年期症状」と呼ばれ、年齢とともに症状の内容が変わったり、程度が変化したりします。中には、日常生活に影響が出る場合もあります。

「更年期症状」がひどくなると「更年期障害」

「更年期症状」と「更年期障害」という言葉を耳にしたことがあるでしょう。どちらも更年期に起こる症状のことを指します。そしてこの2つには、下記のような違いがあります。

 

更年期症状

更年期障害

更年期に現れるさまざまな症状の中で、病気やケガなどが原因でないもの

更年期症状の中で、日常生活に支障をきたすもの

 

このように、更年期症状がひどくなった状態が更年期障害と呼ばれます。

更年期症状と更年期障害では、身体面はもちろん、精神面·社会面への影響の程度がまったく違ってきます。

例えば、更年期の代表的な症状である「ホットフラッシュ」の場合、汗ばむ程度の症状から、滝のように汗が流れ出すような症状まであります。

汗ばむ程度なら日常生活への影響は少ないでしょう。しかし、滝のような汗が突然吹き出す場合には、外出へのためらいや仕事への支障、夜間の睡眠の中断など、さまざまな面に影響を与える可能性が高くなります。

また、「疲れやすい」という症状も、だるさを感じる程度から、家事や仕事に支障をきたすものまで、程度はさまざまです。

あまり知られていない更年期の症状

更年期の症状は程度の差が激しいだけでなく、症状の種類も幅広いです。一般的な症状のほか、下記のようなあまり知られていない症状が出現する場合もあります。

  • 吐き気、胃もたれ、食欲低下
  • 目の乾燥感(ドライアイ)
  • 手指のしびれ、こわばり
  • のどの違和感
  • 膣の乾燥感、かゆみ、性交時の痛み
  • 物忘れが増える、物覚えが悪くなる

これらの症状は、一般的な更年期の症状に比べて頻度が少ないため、更年期によるものだという認識がない場合があります。日常生活に支障をきたしていても、加齢や疲れによるもので、仕方のないことと諦めてしまう場合もあるでしょう。

また、症状自体の辛さだけでなく、周囲から理解を得にくく、相談もしづらいことが更なる辛さを呼ぶ可能性があります。

しかし、これらの症状は治療を受けることで、症状の緩和や改善が期待できます。

更年期障害は治療できる

更年期障害は、下記のような薬物療法や心理療法によって、症状を軽くしたり、改善できる場合があります。

 

ホルモン補充療法(HRT

女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」を補充する治療法です。エストロゲンの欠乏によって起こる、のぼせや発汗などのホットフラッシュ、不眠症状、関節痛、気分の落ち込み、性交痛などの症状の緩和に効果的です。

また、エストロゲンの低下によって起きやすくなる「骨粗鬆症(こつそしょうしょう)」や「動脈硬化」の予防ができるほか、「アルツハイマー病」の発症を遅らせる効果があることがわかっています。

 

漢方療法

漢方薬を使った治療法です。「婦人科三大処方」とも呼ばれる当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)·加味逍遥散(かみしょうようさん)·桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)を中心とした処方が用いられます。漢方は、効き目が緩やかなため、812週間の服用が必要です。副作用が少なく、多彩な症状の緩和や改善に効果的です。

 

その他の薬物療法

気分の落ち込みや不安感などの精神的な症状が強い場合は、抗うつ薬や向精神薬などを使った内服治療が行われることがあります。

 

カウンセリング·心理療法

更年期の症状は、ホルモンの変化だけが原因ではなく、加齢などの身体的な変化や生い立ち、性格、家庭や職場·地域でのストレスなどが一因になっている場合があります。そのため、薬物療法だけでなく、カウンセリングや心理療法などの治療が効果的な場合があります。

気になる症状は受診することが大切(まとめ)

よく知られている症状からマイナーな症状まで、さまざまな更年期の症状をご紹介しました。これらの更年期に起こる症状の中には、なんらかの病気が原因である可能性もあります。

頭痛やめまいなら、脳の病気やメニエール病の可能性もありますし、手指のこわばりなら関節リウマチの可能性もあります。

そのため、なにか異常を感じたら、まずは病院で診察を受け、病気が原因でないことを確認すると安心ですね。特に更年期以降は病気の発症率が上がりますので、定期的に健康診断や人間ドックを受けることをおすすめします。

「この記事を書いた人」

広田沙織

看護師として総合病院の産婦人科、婦人科クリニックに勤務し、

医療ライターとしても多くの執筆活動を行う。

プレ更年期を感じつつ、仕事に子育てに奮闘中。

RANKING よく読まれている記事

美とおしゃれ
おすすめ キレイな50代女性がやっている10のこと…
0 閲覧数 5,136
美とおしゃれ 趣味と教養
-5歳は若返る!? 50代からの正しいメ…
0 閲覧数 4,290
更年期 終わりのサイン
健康と食
更年期の「終わりのサイン」って?更年期後…
0 閲覧数 3,946
健康と食
おすすめ 塩抜きダイエットレシピ5選!滋味豊かな食…
0 閲覧数 2,227
おすすめ 空の巣症候群とは?子どもが巣立った後にで…
0 閲覧数 1,388
ごぼう茶
健康と食
美容に良いと話題のごぼう茶!効果や効能は…
0 閲覧数 1,310
健康と食
おすすめ 星野由香先生が教える「ほぐピラ」メソッド
0 閲覧数 1,229
健康と食 暮らしと生き方 特集・連載
おすすめ 桧山タミ先生が見つけた幸せな生き方「家…
0 閲覧数 852
暮らしと生き方 趣味と教養
おすすめ 除菌スプレーは自分で作る!おうちで簡単に…
0 閲覧数 754
美とおしゃれ
50代女性は髪が命!髪がきれいな50代女…
0 閲覧数 587
二重あご 髪型
美とおしゃれ
二重あごが目立たない髪型は?おすすめヘア…
0 閲覧数 537
健康と食
暑い・寒い・眠い・痛い!?更年期の症状は…
0 閲覧数 526
特集・連載 趣味と教養
【special interview】「…
0 閲覧数 368
美とおしゃれ
おすすめ エレガントな女性は持ち物で決まる!素敵な…
0 閲覧数 360
暮らしと生き方
いくらあげる?孫へのお祝いやお年玉
0 閲覧数 350
特集・連載 美とおしゃれ
【美容特集】グレイヘアという選択
0 閲覧数 349
健康と食 美とおしゃれ
健康も美容も両方叶える!50代女性のおす…
0 閲覧数 333
健康と食 暮らしと生き方
イライラする!?更年期障害の改善に期待で…
0 閲覧数 297
エンタメ 美とおしゃれ
【クローズアップ vol.1】純 烈
0 閲覧数 293
趣味と教養
おもてなしにも喜ばれる!優雅な趣味「食卓…
0 閲覧数 265
もっと見る

今が定期購読を始めるチャンス!

表紙
表紙

めりぃさん
発行:ては〜とホールディングス株式会社

めりぃさんアプリをダウンロード→会員登録して無料定期購読をはじめよう! 会員特典0円

めりぃさん
発行:ては〜とホールディングス株式会社

毎日の暮らしや健康ライフをサポートする情報誌「めりぃさん」を定期購読しませんか?めりぃさんアプリをダウンロードして会員登録頂くと、特典として、年6回発行される情報誌めりぃさんを永年無料でご自宅までお届けします。ぜひこの機会に、めりぃさんアプリからお申し込みください。

まずは、お使いのケータイにめりぃさんアプリを無料で簡単にダウンロード

QRコードが読み込めない場合はApp StoreまたはGoogle Playで「めりぃさん」と入力して検索してください。

「iPhone」の方は
こちらから

App Storeからダウンロード
App Storeのqrコード

「Android」の方は
こちらから

Google Playで手に入れよう
Google Playのqrコード