2020.11.01 UP 閲覧数 20
美とおしゃれ

プラチナエイジ世代からのバストケア方法とは?

女性の胸は加齢とともにまずは胸の上部であるデコルテが削げていき、下に垂れていきます。そして徐々に左右外側に向かって流れてしまい、離れ乳の状態になってしまうのです。ここでは、バストが垂れる要因や、プラチナエイジ世代が行うべきバストケア方法などについて解説します。

 

 

 

なぜバストは垂れてしまうのか?

バストの下垂は早い人では20代から始まると言われています。女性ホルモンには母乳を出すための組織である乳腺を発達させる作用があります。女性のバストには、乳腺を守るために脂肪が蓄えられており、女性ホルモンが減少すると乳腺の数は減っていき、脂肪が増えていきます。女性ホルモンは20代後半から30歳頃にピークを迎え、それ以降は少しずつ減少していきます。特に40代以降は女性ホルモンが激減するため、脂肪が増えて柔らかくなったバストは、重力に逆らえずに下がっていくのです。さらに、バストの下垂を進行させてしまう原因がいくつかあります。

 

<主な原因>

  • 胸の筋肉の衰え
  • クーパー靭帯が伸びる

 

クーパー靭帯は、バストを支えるコラーゲンの束であり、バストが揺れる運動や強い刺激が加わると伸びたり切れてしまうことがあります。一度伸びてしまったクーパー靭帯は元には戻りません。

 

  • 急激な体型変化
  • ホルモンバランスの乱れ

 

加齢によりバストの質が変わってしまっても、バストを支える筋肉や、クーパー靭帯の伸びを予防することでバストの下垂を食い止めることができます。

 

 

 

プラチナエイジ世代のバストケア方法とは?

 

バストの下垂は女性ホルモンの影響が大きいため、垂れてしまった胸を元に戻すのは難しいですが、バストエイジングのスピードを少しでも緩やかにするためのバストケア方法を紹介します。

 

 

1.自分の体にきちんと合ったブラジャーを身に着ける

何年も同じブラジャーを愛用していませんか?ブラジャーは100回着用すると寿命と言われているほど繊細であり、1週間に2回同じブラジャーを着用すると、約1年です。ワイヤーが歪んだり、肩のストラップがゆるんだり、カップにしわやへこみができると、胸を綺麗な形に保てなくなります。正しい位置に胸をキープできないブラジャーでは装着する意味がないため、ブラジャーがヨレてきてしまったら買い替えるようにしましょう。また、朝着用したブラジャーは、時間が経つと位置がずれてきてしまいます。そのため、トイレの度に胸をカップに入れ直し、ブラジャーの位置を入れ直すようにしましょう。

 

 

2.大胸筋を鍛える

バストを支える大胸筋は、腕立て伏せやダンベルで鍛えることが可能です。腕立て伏せは、体に無理なく続けられるよう壁に手をついて行う方法を紹介します。ダンベルは、水を入れた500mlのペットボトルを重りにして始めてみましょう。手軽な方法で毎日続けることが大切です。

 

<腕立て伏せ>

  1. 腕を伸ばしきった状態で壁に手をつく
  2. 腕を曲げて胸が壁につくぎりぎりまで近づける
  3. 腕を伸ばして身体を元の位置に戻す

 

20回1セットを根気強く続けてみましょう。慣れてきたら、足の位置を後ろにずらして行うことで負荷を上げることができます。

 

<ダンベル>

  1. 仰向けになり、ダンベルを胸の横で構える
  2. 息を吐きながら肘を伸ばしきり、ダンベルを胸の上に押し上げる
  3. 息を吸いながらダンベルを下ろす

 

まずは10回3セットから行ってみましょう。

 

 

3.姿勢を良くする

猫背は大胸筋が衰えやすくなってしまうため、常に背筋を伸ばすことを意識しましょう。

 

 

4.ナイトブラを着用する

寝ている時に胸を支える靭帯が伸びてしまったり、胸が横に流れるのを防ぐためにはナイトブラの着用がおすすめです。ナイトブラはバストをしっかりとホールドしながらも通気性が良く、しめつけが少ないものを選びましょう。

 

 

5.保湿クリームでマッサージをする

バストは顔と同じように加齢とともにハリを失っていきます。クリームを付けてマッサージをすることで血行やリンパの流れが良くなり、バストのハリをアップさせ、下垂を予防する効果が期待できます。バストの保湿、マッサージは入浴後に行いましょう。

 

<バストのマッサージ方法>

  1. 鎖骨下を小さく円を描くようにほぐす
  2. 両手で交互にバストを下から上へ持ち上げるように優しく撫でる
  3. 両手を反対側の脇腹から抱え込み、背中~脇腹に流れたお肉をバストに戻すよう持ち上げる

 

 

バストの観察を入念に

40~60代は乳がんの好発年齢です。日々のバストケアを通し、自分の胸をよく観察することで乳がんの早期発見、早期治療に繋がります。

 

<チェックポイント>

  • しこりはないか
  • バストの変形や左右差はないか
  • 皮膚にえくぼのようなへこみ、ひきつれがないか
  • 出血や異常な分泌物はないか

 

少しでも変化や異変がある場合は、すぐに専門の医療機関に相談しましょう。

 

 

 

まとめ

バストが垂れ下がり、左右に離れていってしまうのは歳のせいだから仕方がない、と諦めてはいけません。重力に抗い、バストのエイジングを少しでも遅らせるよう自分に合ったブラジャーを身に着け、バストマッサージやトレーニングを継続することが大切です。バストラインが綺麗だと、女性としての自信に繋がります。ピンと背筋を伸ばし、バストも気持ちも上を向いていきましょう。

 

RANKING よく読まれている記事

更年期 終わりのサイン
健康と食
更年期の「終わりのサイン」って?更年期後…
閲覧数 26,350
ごぼう茶
健康と食
美容に良いと話題のごぼう茶!効果や効能は…
閲覧数 13,379
美とおしゃれ 趣味と教養
-5歳は若返る!? 50代からの正しいメ…
閲覧数 12,246
美とおしゃれ
おすすめ キレイな50代女性がやっている10のこと…
閲覧数 10,195
健康と食
おすすめ 塩抜きダイエットレシピ5選!滋味豊かな食…
閲覧数 4,324
おすすめ 空の巣症候群とは?子どもが巣立った後にで…
閲覧数 3,823
二重あご 髪型
美とおしゃれ
二重あごが目立たない髪型は?おすすめヘア…
閲覧数 3,034
スパイス 効能 用途
健康と食
有名なスパイス10種類の効能と用途一覧!…
閲覧数 2,679
暮らしと生き方
いくらあげる?孫へのお祝いやお年玉
閲覧数 2,046
暮らしと生き方 趣味と教養
おすすめ 除菌スプレーは自分で作る!おうちで簡単に…
閲覧数 1,840
美とおしゃれ
50代女性は髪が命!髪がきれいな50代女…
閲覧数 1,687
健康と食
おすすめ 星野由香先生が教える「ほぐピラ」メソッド
閲覧数 1,413
健康と食
暑い・寒い・眠い・痛い!?更年期の症状は…
閲覧数 1,310
美とおしゃれ
おすすめ エレガントな女性は持ち物で決まる!素敵な…
閲覧数 1,128
健康と食 暮らしと生き方 特集・連載
おすすめ 桧山タミ先生が見つけた幸せな生き方「家…
閲覧数 1,035
特集・連載 趣味と教養
【special interview】「…
閲覧数 609
特集・連載 美とおしゃれ
【美容特集】グレイヘアという選択
閲覧数 589
特集・連載 趣味と教養
おすすめ 結ぶだけでできる風呂敷エコバックの作り方
閲覧数 561
定年後 資格 女性
暮らしと生き方 趣味と教養
定年後に役立つ資格って?女性におすすめの…
閲覧数 556
健康と食 暮らしと生き方
イライラする!?更年期障害の改善に期待で…
閲覧数 548
もっと見る

今が定期購読を始めるチャンス!

表紙
表紙

めりぃさん
発行:ては〜とホールディングス株式会社

めりぃさんアプリをダウンロード→会員登録して無料定期購読をはじめよう! 会員特典0円

めりぃさん
発行:ては〜とホールディングス株式会社

毎日の暮らしや健康ライフをサポートする情報誌「めりぃさん」を定期購読しませんか?めりぃさんアプリをダウンロードして会員登録頂くと、特典として、年6回発行される情報誌めりぃさんを永年無料でご自宅までお届けします。ぜひこの機会に、めりぃさんアプリからお申し込みください。

まずは、お使いのケータイにめりぃさんアプリを無料で簡単にダウンロード

QRコードが読み込めない場合はApp StoreまたはGoogle Playで「めりぃさん」と入力して検索してください。

「iPhone」の方は
こちらから

App Storeからダウンロード
App Storeのqrコード

「Android」の方は
こちらから

Google Playで手に入れよう
Google Playのqrコード