2020.12.21 UP 0 閲覧数 15
おすすめ暮らしと生き方

いつも時間がない女性へ。一日3分でできる「ゆとり習慣」の育て方

「ゆとり」の大切さ、知っていますか。生きていく上で必ずしも必要ではないと思われがちですが、そんなことはありません。「ゆとり」は様々な面で潤滑油のような役割を果たし、物事をスムーズに運んでくれます。

 

もし「ゆとり」がないと、動かせない・向きを変えられないといったことが起こり、自分でも気が付かないうちに、がんじがらめの状態に陥ってしまうかもしれません。例えば、時間にゆとりがない女性は、頑張るしか方法が見つからず、変わらず毎日忙しいといった状況になっているのではないでしょうか。

 

「ゆとり」は少しの習慣を身につけることで、作り出せるようになります。今回は毎日時間がないと悩む女性に、簡単にできる「ゆとり習慣」の育て方をお届けします。

 

 

 

「ゆとり」がない状態とは?

「ゆとりがない」とは、必要な量に対して時間・物・お金など、余裕がない状態のことです。余裕がなくても必要量が足りているなら問題ないはずですが、実際に「ゆとり」がないことは焦りを生み、心を乱します。一度、「ゆとり」がない状態の時に心の中をよく観察してみてください。

 

  • イライラして落ち着かない
  • 足りない感覚があり、焦燥感を感じる
  • 前向きな気持ちになれず、閉塞感がある

 

もし、そんな状態が長く続けば、周りからとっつきにくい、関わりたくないといった印象を持たれてしまうかもしれません。

 

 

 

時間・お金・心にゆとりが「ない」ことは全て同じ原因なワケ

いつも「ゆとり」が持てないと悩む人は、頑張っていればいつか必要量が満たされて溢れ出し、自然と「ゆとり」が生まれると考えているのかもしれません。

 

「ゆとりがある」とは、自分という器の中に、好きなように使える空っぽのスペースがある状態です。このスペースは、きちんと線引きをして確保し続けなければ、すぐにほかの何かに取って代わられてしまいます。

 

プラチナエイジ世代は、「多くを得ること」「頑張ること」が良いという教育の時代に育ち、とりわけこの「ゆとり」の扱いを苦手とする人が多いようです。せっかくの空きスペースに自分で物事を詰め込み、結果、「ゆとりがない」という悩みを作り出してはいないでしょうか。

 

私たちは「やらなければならないこと」がたくさんがあるから、ゆとりがないと考えがちです。ですが、ゆとりある暮らしから得られる様々なメリットを受け取りたいと思うならば、捨てるべき・改善すべきは、自分で決めた「やらなければならないこと」のほうかもしれません。

この機会に少しずつでも、自分という器の中に空っぽのスペースを確保する習慣を身に着け、暮らしを変えてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

一日3分、「ゆとり習慣」育て方

実は、時間がなくて忙しい生活を送っている今の状況も、どこかで手に入れた習慣の結果かもしれません。時間内にできるだけ精一杯のことをやる、同時進行で物事を考える、それらが習慣化した環境に心当たりはありませんか。

 

そういった偏った習慣のせいでバランスが崩れていると感じるなら、「ゆとり」を確保する習慣を今から身に着けていきましょう。小さなことから少しずつ、スモールステップで始めることがポイントです。

 

 

1.「ゆとり」がないことの不都合を認識し、「行動」に目標設定する

例えば、時間にゆとりがない場合、それが原因で毎日イライラしていることを確認します。そもそも時間がないと悩む人の多くは、その習慣から時間に空きができると、そこに用事を入れてしまいます。ですから「ゆっくりする時間が欲しいな」と考えるだけでは何も変わりません。

 

ゆっくりする時間=お茶を飲む

 

という「行動」を目標に設定します。

 

 

2.きっかけを決め、具体的に決めた「ゆとり」行動を実行する

次に、その行動を起こすきっかけを決めます。自分の意思にかかわらず、定期的に発生する事柄をきっかけに設定します。

 

  • 15時になったら、お茶を飲む
  • 外から帰ったら、お茶を飲む

 

といった具合です。

 

 

3.「ゆとり」行動をした結果、得られた成果を確認し、書き留める

最後に、その行動を習慣とすることで得られたメリットを確認し、書き留めましょう。

 

  • 気持ちが落ち着いた
  • リフレッシュできた
  • その後の作業効率が上がった

 

「ただでさえ時間がないのに、お茶を飲む時間なんかないよ」と思うたび、得られるメリットは自分の暮らしに必要なものであることを確認します。そもそも自分で生活を忙しくしがちな人は、成果が伴わない行動が苦手です。お茶を飲む行動にはきちんと意味があり、その結果得られるものは自分にとって大切だということを、忘れないようにしなければなりません。

 

人の行動は3週間程度の継続で習慣化するといわれています。この1連の流れの繰り返しは、きっかけが発生するとお茶を飲むという「ゆとり行動」の習慣化につながります。

 

さて、ひとつの習慣が完成したら、必要な量までゆとり行動を増やしていきましょう。朝起きたら、バルコニーに出て外を眺める、毎月10のつく日に花を飾るといった習慣などはいかがでしょうか。少しずつ自分に合ったゆとり習慣を、生活に取り入れてみてください。

 

 

 

幸せを感じられるのは「ゆとり」のおかげ

忙しい毎日をやりくりして、頑張ることは楽しいことです。ですがそんな自分を褒め、充実していると幸せを感じるには、やはり「ゆとり」が必要です。

 

「ゆとり」のある暮らしをしている人は、笑顔が素敵でどんな時でも幸せそうです。頑張って暮らしているけど緩める時間もちゃんとある、いつでも余裕を持って物事に取り組める、そんなバランスの良いゆとり環境での暮らしを目指してみませんか。

RANKING よく読まれている記事

美とおしゃれ
おすすめ キレイな50代女性がやっている10のこと…
0 閲覧数 2,948
健康と食
おすすめ 塩抜きダイエットレシピ5選!滋味豊かな食…
0 閲覧数 1,385
健康と食 暮らしと生き方 特集・連載
おすすめ 桧山タミ先生が見つけた幸せな生き方「家…
0 閲覧数 762
健康と食
おすすめ 星野由香先生が教える「ほぐピラ」メソッド
0 閲覧数 579
美とおしゃれ 趣味と教養
-5歳は若返る!? 50代からの正しいメ…
0 閲覧数 535
暮らしと生き方 趣味と教養
おすすめ 除菌スプレーは自分で作る!おうちで簡単に…
0 閲覧数 406
健康と食
暑い・寒い・眠い・痛い!?更年期の症状は…
0 閲覧数 300
特集・連載 趣味と教養
【special interview】「…
0 閲覧数 284
特集・連載 美とおしゃれ
【美容特集】グレイヘアという選択
0 閲覧数 263
エンタメ 美とおしゃれ
【クローズアップ vol.1】純 烈
0 閲覧数 253
美とおしゃれ
50代女性は髪が命!髪がきれいな50代女…
0 閲覧数 238
健康と食 美とおしゃれ
健康も美容も両方叶える!50代女性のおす…
0 閲覧数 226
健康と食 暮らしと生き方
イライラする!?更年期障害の改善に期待で…
0 閲覧数 221
美とおしゃれ
ナチュラルで凛としたグレイヘアを楽し…
0 閲覧数 201
エンタメ
オトナにおすすめ!YouTubeチャンネ…
0 閲覧数 191
健康と食 特集・連載
おすすめ 大人も子どもも お菓子を楽しみながら、子…
0 閲覧数 181
美とおしゃれ
50代女性がスタイリッシュに見えるファッ…
0 閲覧数 181
健康と食
プチファスティングで身体の不調を改善!
0 閲覧数 174
暮らしと生き方 特集・連載
おすすめ 【生き方特集 1】樹木希林さんからの手紙…
0 閲覧数 173
健康と食 美とおしゃれ
体臭は食事から?食べ物から意識してみよう
0 閲覧数 170
もっと見る

今が定期購読を始めるチャンス!

表紙
表紙

めりぃさん
発行:ては〜とホールディングス株式会社
編集:株式会社主婦の友社

めりぃさんアプリをダウンロード→会員登録して無料定期購読をはじめよう! 会員特典0円

めりぃさん
発行:ては〜とホールディングス株式会社
編集:株式会社主婦の友社

毎日の暮らしや健康ライフをサポートする情報誌「めりぃさん」を定期購読しませんか?めりぃさんアプリをダウンロードして会員登録頂くと、特典として、年6回発行される情報誌めりぃさんを永年無料でご自宅までお届けします。ぜひこの機会に、めりぃさんアプリからお申し込みください。

まずは、お使いのケータイにめりぃさんアプリを無料で簡単にダウンロード

QRコードが読み込めない場合はApp StoreまたはGoogle Playで「めりぃさん」と入力して検索してください。

「iPhone」の方は
こちらから

App Storeからダウンロード
App Storeのqrコード

「Android」の方は
こちらから

Google Playで手に入れよう
Google Playのqrコード