2021.05.27 UP 閲覧数 36
健康と食

梅雨・夏は食材の保存方法をひと工夫!お弁当づくりの注意点も解説

ジメジメした梅雨や高温多湿の夏は食材が傷みやすい季節です。そこで今回は、暑い季節にできるだけ食材を長持ちさせる保存方法をご紹介します。夏のお弁当を傷みにくくする工夫も紹介しているので、参考にしてみてくださいね。

梅雨・夏に食材を長持ちさせる保存方法7選
(1)野菜

夏が旬のなすやきゅうり、オクラ、トマトなどは寒さが苦手なため、冷やし過ぎると傷みやすくなります。冷気が直接当たらないように新聞紙やキッチンペーパーでくるみ、冷蔵室よりも温度が高い野菜室で保存しましょう。

 

レタスやキャベツは芯から水分が抜けていくため、芯をくりぬいてビニール袋に入れ、野菜室に保存します。白菜や大根は根を下にして、立てた状態で野菜室へ入れます。じゃがいも、玉ねぎ、かぼちゃは常温保存が可能です。風通しの良い冷暗所に置きましょう。

(2)果物

メロンは種とワタから傷むため、種とワタを取り除き、切り口にラップをかけてポリ袋や保存容器に入れて冷蔵庫の野菜室で保存します。スイカも切り口にラップをかけてポリ袋などに入れ、野菜室へ。いずれも3日を目安に、早めに食べ切りましょう。

(3)肉・魚

肉や魚は買ってきたらすぐ冷蔵庫のチルド室に入れます。その日のうちに食べないものは冷凍保存がおすすめです。

 

肉はペーパータオルで水分をふき取り、使いやすい量に分けてラップで包み、フリーザーバッグに入れて冷凍します。魚は切り身なら水分をふき取り、一切れずつラップにくるんでフリーザーバッグに入れます。一尾の場合は冷凍前に頭・内臓・エラ・うろこを取り除きます。

 

また、からあげ用のたれなど、好みの下味をつけて冷凍する「下味冷凍」は食材が傷みにくくなり、時短料理もできる便利な保存方法です。

(4)米

お米は気温が20℃を超えると虫が発生しやすくなります。保存場所はできるだけ涼しく、風通しのよい冷暗所が理想です。夏の高温が気になる場合は冷蔵庫の野菜室へ入れましょう。

 

なお、冷蔵保存していたお米を高温多湿のところへ置くと結露になり、カビが発生しやすくなるため注意が必要です。

(5)小麦粉

小麦粉は冷暗所であれば密閉した上で常温保存が可能です。しかし、気温が20℃を超えるとカビや虫が発生しやすくなるため、暑い季節は冷蔵庫での保存がおすすめ。においが移りやすいので密閉容器などに入れましょう。

(6)調味料

塩と砂糖は常温で保存できます。劣化を防ぐために、密閉容器に入れて、コンロの近くなど高温になる場所や直射日光が当たる場所は避けましょう。しょうゆやソース、ドレッシングなどの液体調味料は開封したら冷蔵庫で保管します。

 

みりんの場合、アルコール度数が高い「本みりん」は常温保存が可能です。アルコール度数が低い「みりん風調味料」は開封したら冷蔵庫で保存します。お酢は冷暗所であれば常温保存ができますが、気温が高い夏は冷蔵庫での保存がおすすめです。

(7)油

サラダ油やオリーブオイルなどの油は常温で保存できます。油は光や熱、空気により劣化しやすいため、開封後はしっかりキャップを閉め、戸棚の中など暗くて涼しい場所に保存して早めに使いましょう。

梅雨・夏のお弁当対策!

梅雨や夏はお弁当が傷みやすい季節です。特に食中毒が発生しやすいのは5月後半から9月頃と言われています。食中毒を防ぐために、暑い季節のお弁当づくりでは次のことを注意しましょう。

 

  • 調理前によく手を洗う
  • 弁当箱や調理器具を消毒し、清潔にする
  • 傷みやすい食材を避ける
  • 食材はよく火を通す(75℃以上で1分以上加熱が目安)
  • 汁気を取り除く
  • 冷めてから弁当箱に詰める
  • 素手で触らずに詰める
  • 持ち運ぶ時は保冷剤や保冷バッグを使う

 

夏に傷みやすく、避けたいおかずは生野菜や果物、炊き込みご飯、混ぜご飯、半熟卵などです。ふりかけをかけたい時は袋のまま持参し、食べる直前にかけるようにします。

 

夏でも傷みにくいおすすめのおかずは、抗菌作用がある「お酢」や「梅干し」「しそ」「わさび」「カレー粉」などを使ったおかず。これらは食欲増進効果もあるので一石二鳥です。

 

梅干しとしそのおにぎりや、カレー粉で下味をつけたからあげ、コロッケなどは夏のお弁当に向いています。

めりいさん編集部のおすすめ

「めりぃさんのお取り寄せ」では、産地直送の「新鮮」で「安全」な食材を購入できます。冷凍品のお取り寄せなら到着してそのまま冷凍庫にいれるだけ!こだわりの味をぜひお試しください。

マダイづくしセット【鯛茶漬4パック、鯛さしみ3~4人前、鯛みそ160g】

自宅で新鮮かつ本格的な鯛茶漬けや鯛さしみが味わえます。鯛みそはごはんやお酒のお供に。

牛肉たっぷり!プレミアムハンバーグ 3個セット

冷凍・未開封のまま10~15分ほど湯煎するだけでお召し上がりいただけます。

果樹園生まれのジェラート「季節のフルーツおまかせ」6個セット

素材を生かす無添加ジェラート!ぶどうやメロンなど、季節に応じておすすめの2~4種類が入ります。

夏でも工夫して食材をおいしく長持ち!

梅雨から夏にかけては気温や湿度が高く、食品に雑菌やカビが発生しやすい季節です。食材を長持ちさせるための工夫はもちろんのこと、購入した食材は早めに食べ切る、見た目やにおいを確認する、などの心がけも大切です。

 

暑い中での買い物や料理が大変な時は冷凍品などもうまく取り入れて、夏の食事を楽しみましょう。

RANKING よく読まれている記事

更年期 終わりのサイン
健康と食
更年期の「終わりのサイン」って?更年期後…
閲覧数 12,579
ごぼう茶
健康と食
美容に良いと話題のごぼう茶!効果や効能は…
閲覧数 9,225
美とおしゃれ 趣味と教養
-5歳は若返る!? 50代からの正しいメ…
閲覧数 7,615
美とおしゃれ
おすすめ キレイな50代女性がやっている10のこと…
閲覧数 7,370
健康と食
おすすめ 塩抜きダイエットレシピ5選!滋味豊かな食…
閲覧数 3,214
おすすめ 空の巣症候群とは?子どもが巣立った後にで…
閲覧数 2,586
二重あご 髪型
美とおしゃれ
二重あごが目立たない髪型は?おすすめヘア…
閲覧数 1,923
暮らしと生き方 趣味と教養
おすすめ 除菌スプレーは自分で作る!おうちで簡単に…
閲覧数 1,324
健康と食
おすすめ 星野由香先生が教える「ほぐピラ」メソッド
閲覧数 1,309
スパイス 効能 用途
健康と食
有名なスパイス10種類の効能と用途一覧!…
閲覧数 965
美とおしゃれ
50代女性は髪が命!髪がきれいな50代女…
閲覧数 964
健康と食 暮らしと生き方 特集・連載
おすすめ 桧山タミ先生が見つけた幸せな生き方「家…
閲覧数 940
健康と食
暑い・寒い・眠い・痛い!?更年期の症状は…
閲覧数 926
暮らしと生き方
いくらあげる?孫へのお祝いやお年玉
閲覧数 910
美とおしゃれ
おすすめ エレガントな女性は持ち物で決まる!素敵な…
閲覧数 681
特集・連載 趣味と教養
【special interview】「…
閲覧数 463
特集・連載 美とおしゃれ
【美容特集】グレイヘアという選択
閲覧数 437
暮らしと生き方 特集・連載
おすすめ 絵を描くことが好きからカメラマンに。楠聖…
閲覧数 421
健康と食 美とおしゃれ
健康も美容も両方叶える!50代女性のおす…
閲覧数 407
健康と食 暮らしと生き方
イライラする!?更年期障害の改善に期待で…
閲覧数 371
もっと見る

今が定期購読を始めるチャンス!

表紙
表紙

めりぃさん
発行:ては〜とホールディングス株式会社

めりぃさんアプリをダウンロード→会員登録して無料定期購読をはじめよう! 会員特典0円

めりぃさん
発行:ては〜とホールディングス株式会社

毎日の暮らしや健康ライフをサポートする情報誌「めりぃさん」を定期購読しませんか?めりぃさんアプリをダウンロードして会員登録頂くと、特典として、年6回発行される情報誌めりぃさんを永年無料でご自宅までお届けします。ぜひこの機会に、めりぃさんアプリからお申し込みください。

まずは、お使いのケータイにめりぃさんアプリを無料で簡単にダウンロード

QRコードが読み込めない場合はApp StoreまたはGoogle Playで「めりぃさん」と入力して検索してください。

「iPhone」の方は
こちらから

App Storeからダウンロード
App Storeのqrコード

「Android」の方は
こちらから

Google Playで手に入れよう
Google Playのqrコード