2023.06.10 UP
おすすめ暮らしと生き方特集・連載

スペシャルインタビュー 浅野ゆう子さん

撮影/木村和敬 ヘアメイク/持丸あかね スタイリング/角田今日子 取材・文/中村さやか 構成/黒澤あすか

 

スラっとした美しいスタイルに、大人のカッコよさが漂う浅野ゆう子さん。
57歳の時に結婚し、仕事だけでなく人生でも新たなステージを歩んでいます。
母親のサポート、健康寿命を意識した生活、価値観の変化などについてお聞きしました。

母親のサポートを模索中
夫婦のテーマは「健康寿命」

私はいま62歳で、母は90歳。ずっと神戸で飲食店を営んできた母ですが、コロナの影響もあり、50周年を節目ととらえて最近店を閉じました。毎日お客さまと接する仕事だったので、店を閉めたことで人と話す機会がなくなり、私が想像するよりも母には大きなストレスになっていたようです。高齢なので動かなくなると、やっぱり歩けなくなっていくスピードも早いんです。今はケアの方に来ていただいて、家で歩行のトレーニングをしています。家にこもらせるのもよくないと思いつつ、万が一を考えると外に出てほしくないという、複雑な心境でした。

 

母は気持ち的にはまだまだ元気。内臓も丈夫なものですから、食事は美味しく、たくさんいただいています。昔の人なので、お餅やお赤飯が大好き。のどに詰まらせないか、怖いんですけど(笑)。病院での定期検診で先生から糖分は控えめにと言われた時、私が「母は甘いものが大好きです。食べたいものを食べさせてやりたいんです」と主張したことが。先生も「元気だからまあいいか」と黙認してくださり、今、母は自由に食べ、あらゆる数値も絶好調です。
今後のサポートのことはずっと考えていますね。芸能活動が波に乗り始めた頃から何度となく東京で一緒に住まないかと母を誘ったのですが、慣れ親しんだ神戸の街を離れたくないと言うものですから私が往き来するしかない。今は私の仕事のペース配分、そしてショートステイやホームへの入居など、いろいろな選択肢を模索しています。

 
高齢社会になり、大切なのは健康寿命だと思うんです。私は6年前、57歳で結婚しました。もう、かなりいい大人同士でしたので(笑)、これからの健康寿命を考えて生きるのが2人のテーマでもありました。そのためには、食事がとても大切だと思って。「朝のフルーツは金」と聞くので、ほぼ毎朝スムージーをつくって夫婦で飲んでいます。もう5年以上続けていて、自分でもびっくりです。中身はリンゴ、キウイ、レモン、ベリー系、小松菜、ほうれん草、アボカド、ニンジン、パプリカ、トマトなど約30品目。甘酒やハチミツ、豆乳も加えて。最近は私だけ内緒で酵素を入れることも(笑)。食材はなるべく有機のものを選びます。忙しい朝でもつくれるように、材料はできるものはカットして冷凍。スムージーのおかげか、夫も非常に体の調子が良いようです。あとは、腸内環境を考えて食物繊維の多いものを意識的に食べています。

 
運動ですか? ふふふ、ものぐさなんでしないんですよ。若い頃、いいスポーツジムを見つけて通い詰めたら、逆に腰を悪くしてしまったことがあって。本当は運動があまり好きじゃないくせに、やり過ぎてしまう凝り性(笑)。なので、今は買い物がてら遠回りするなど、なるべく歩くようにしています。歩くことは健康に良いので封印していたゴルフも10数年ぶりに再開しようかと。先日夫とラウンドしてきました。
お肌のケアに関しては、仕事柄メイクさんからいろいろな情報をいただきます。自分で試した結果、化粧水で十分に水分を与えるのが私には一番という結果にたどり着きました。化粧水を手でつけたときの感覚が、肌のバロメーター。乾き方が早いと肌が乾燥しているなど、すぐに気が付きます。

 

残りの人生をどう生きるか
同世代での〝大人婚〟

夫と出会ったのは、共通の知人の誕生日パーティーでした。ほぼ同い年で、きっちり同じ時代を生きてきたので「昔はこんなだったよね」「それわかる!」と、話が一方通行にならずに会話になる。それって長い時間を共にするうえで、とても大きなことだと思います。私は一人の時間が好きで結婚願望というものもなく、おそらくずっと一人でいるんだろうなと思っていました。そこに異分子が異文化とともに入ってきて、でも何だか同調できるものを私にポーンと投げてくれる。そういう人との時間なら居心地が悪くないなって。若い頃のドキドキする恋愛とは違いましたね。出会った当時、お互いにもう人生の折り返し地点は十分に過ぎていましたので、一番に考えたのは、残された時間をどう生きていくか。片方に何かあったときは、もう片方が手を引いて、寄り添いながら生活していけるといいねと話しました。そのためには、結婚という制度を検討しようという話になって。それが「大人婚」なんじゃないかと思うんです。お互い自立して生きてきた自信があるからこそ、自分にも相手にも責任が取れる。単に一緒にいたいというだけでなく、相手への敬意や、大切に思う気持ちを伝えられればと考えた結果が結婚でした。

 

でもやはり違う人間ですから、互いに譲れない部分ももちろんあります。そういう時は無理をしない。けんかするとくたびれますしね。夫はプラっと外出してクールダウンして戻ってきます。そんな対処の仕方ができるのも、大人だからでしょうか。
コロナ禍となり夫と話し合い、海を見ながら深呼吸のできる小さなセカンドハウスを手に入れました。スカウトされて中学生の時に一人で上京してから、人目を気にせずに大きく窓を開けて生活したことがなくて、憧れもあったんです。自然豊かな土地なのですが、猿が遊びにきたのには驚きました(笑)。60歳を過ぎてもまだまだ新しいことを体験できるのは、こそばゆいけど楽しいですね。

 

写真左:妖怪役はこれまで何度か演じてきましたが、昨年は『ゲゲゲの鬼太郎』の砂かけばばあ役に挑戦。原作に寄せようと思いつつ、私なりの砂かけばばあでどうだ!と開き直りました(笑)

写真右:母が90歳を迎え、紫色の卒寿の衣装でお祝い。年齢入りのお花もオーダーしました。母は顔のシワが少ないのですが、おかげさまで私もこのDNAを受け継いだようです。

 

仕事もプライベートも
新しいことに挑戦し続ける

新たなことに躊躇なくトライできる自分でありたいと、常日頃から思っています。昨年は舞台『ゲゲゲの鬼太郎』で砂かけばばあ役を演じさせていただきましたが、経験がないキャラクターのオファーをいただくと、飛び上がるほどうれしくなります。プライベートでは、在宅時間が増えたことで始めたケーキづくりが、簡単なシフォンケーキからブッシュ・ド・ノエルまでステップアップ。私って、こういうこともできるんだと自己満足。他の人にはなんでもないことでも、私にとって新しいと思えたら、小さなことでも挑戦していきたいですね。

 

心が不安定な時期を
支えてくれた先輩女優

わりと楽観的で、落ち込んでも引きずらない性格です。でも振り返ると、いわゆる更年期と呼ばれる時期に、精神的な落ち込みや仕事への不安、人生への迷いが多少ありました。そんな時は心から信頼のできる大好きな女優の野際陽子さんに相談していました。野際さんは大先輩の尊敬する女優でありながらも、私の母であり、姉であり、最愛の方でした。「あなたは唯一無二の人である」と励まし続けてくださった野際さんの言葉が、今も私の心に暖かく存在しています。そして私も野際さんのように、普段からなるべく穏やかでいようと心掛けています。これまで現場で怒る人を何度も見てきて、何も良いことはないと感じているので、イライラしても自分の中で〝我慢〟をして消化できます。これは昭和生まれというおかげ?(笑)。
還暦は一大イベントだと構えていたんですが、コロナ禍でするっと迎えちゃいました。人生ってそんなもんだろうと思いつつ、何事もなく過ぎたことに幸せも感じました。でも体力の回復が遅くなったり、ケガの治りが悪くなったりと感じる部分はあります。仕方ないことですが。努力で改善できるものはしていかなきゃと考えています。睡眠の質を高めるため、入浴後に体温が下がって眠くなったら、タイミングを逃さずにベッドに入ったり、代謝を上げるために朝も湯船に浸かったりしています。

 

「物欲」から変化した
いまの自分が感じる幸せ

若い頃は物欲旺盛で、ブランド品も欲しいと思ったものはなにがなんでも買っていました。仕事を頑張ったからこそ買えたことがうれしくて。買ったものは毎日身に着けて、すごく幸せな時間を過ごせましたが、50歳目前でしょうか、「一つあるからもう要らない」と思うようになりました。どこかで満足したんですね。
カッコつけて聞こえるかも知れませんけど、いまの自分の幸せは「人」。私、友だちが多くないので。だからこそ本当に好きな人を大切に、長くおつき合いしたいんです。女優の室井滋さんも大切な友人の一人。彼女とはドラマでの共演をきっかけに30年来のつき合いで、よく一緒にお食事に出かけます。彼女の飾らない、生身の人間としてのリアルな芝居に、ものすごい衝撃と影響を受けました。その才能に嫉妬するくらい。ただ、2枚目のヒロインをやらせたら私のほうが上でしょうけどね(笑)。この前も「舞台見たけどずいぶん気取った芝居をしてたじゃない」なんて冗談をいったら、「へっへっへ」と笑ってました(笑)。滋ちゃんは私の舞台も必ず観に来てくれます。そんな大切な仲間との時間こそ、今の私には宝物ですね。

浅野ゆう子さんもおすすめ
美容液「PLACENTIST リバイタライジングエッセンスar」を読者の方にプレゼント!

浅野ゆう子さんがCMキャラクターを務める銀座ステファニー化粧品株式会社の美容液「PLACENTIST リバイタライジングエッセンスar」を読者の方に抽選でプレゼント!

浅野ゆう子さん

あさの・ゆうこ●1960年生まれ。女優。74年に歌手としてデビュー後、テレビや映画で女優として活躍。80年代以降はトレンディドラマの代名詞的存在に。映画『藏』(95年)で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞。舞台などでも幅広い役を演じ続けて話題に。

ジレ タリアトーレ/TREMEZZO(トレメッツォ) ☎03-5464-1158 パンツ ピーティートリノウーマン/TREMEZZO(トレメッツォ) ☎03-5464-1158 ピアス、ネックレス、バングル、リングすべてワンエーアールバイウノアエレ/ウノアエレ ジャパン ☎0120-009-488 パンプス セルジオ ロッシ/セルジオ ロッシ カスタマーサービス ☎0570-016600

RANKING よく読まれている記事

更年期 終わりのサイン
健康と食
更年期の「終わりのサイン」って?更年期後、心と体に起こること
閲覧数 61,251
美とおしゃれ 趣味と教養
-5歳は若返る!? 50代からの正しいメガネの選び方
閲覧数 33,263
ごぼう茶
健康と食
美容に良いと話題のごぼう茶!効果や効能は?副作用はある?
閲覧数 22,239
美とおしゃれ
おすすめ キレイな50代女性がやっている10のこと!内側から滲み出る魅力もご紹介
閲覧数 20,507
健康と食
おすすめ 塩抜きダイエットレシピ5選!滋味豊かな食事メニューを楽しもう
閲覧数 15,158
暮らしと生き方
いくらあげる?孫へのお祝いやお年玉
閲覧数 11,133
スパイス 効能 用途
健康と食
有名なスパイス10種類の効能と用途一覧!スパイスたっぷりカレー粉を作ろう
閲覧数 8,017
健康と食
【受験生のお弁当】当日に力を発揮するための5つのポイント
閲覧数 6,396
二重あご 髪型
美とおしゃれ
二重あごが目立たない髪型は?おすすめヘアスタイルと二重あご解消法
閲覧数 6,268
おすすめ 空の巣症候群とは?子どもが巣立った後にできる3つの乗り越え方とは?
閲覧数 6,132
美とおしゃれ
50代女性は髪が命!髪がきれいな50代女性が魅力的な理由とは?
閲覧数 4,136
暮らしと生き方 趣味と教養
おすすめ 除菌スプレーは自分で作る!おうちで簡単に作るコツ
閲覧数 3,836
健康と食
牛肉の驚くべき事実!うつ・ストレス対策に効果絶大な食材がわかる
閲覧数 3,807
健康と食
ゲン担ぎで合格や開運を祈願!縁起のよい食べ物22選
閲覧数 3,567
美とおしゃれ
おすすめ エレガントな女性は持ち物で決まる!素敵なバッグの中身をご紹介!
閲覧数 3,554
定年後 資格 女性
暮らしと生き方 趣味と教養
定年後に役立つ資格って?女性におすすめの資格と難易度一覧
閲覧数 2,846
50代 ヒール 履く
美とおしゃれ
私だってヒール履きたい!50代女性が楽にヒールを履くためのポイント
閲覧数 2,202
健康と食
暑い・寒い・眠い・痛い!?更年期の症状は十人十色
閲覧数 2,064
健康と食 暮らしと生き方 特集・連載
おすすめ 桧山タミ先生が見つけた幸せな生き方「家族のために料理できるのはほんとうに幸せなこと」
閲覧数 1,835
健康と食
おすすめ 星野由香先生が教える「ほぐピラ」メソッド
閲覧数 1,694
もっと見る

今が定期購読を始めるチャンス!

表紙
表紙

めりぃさん
発行:ては〜とホールディングス株式会社

めりぃさんアプリをダウンロード→会員登録して無料定期購読をはじめよう! 会員特典0円

めりぃさん
発行:ては〜とホールディングス株式会社

毎日の暮らしや健康ライフをサポートする情報誌「めりぃさん」を定期購読しませんか?めりぃさんアプリをダウンロードして会員登録頂くと、特典として、年6回発行される情報誌めりぃさんを永年無料でご自宅までお届けします。ぜひこの機会に、めりぃさんアプリからお申し込みください。

または、お使いのケータイにめりぃさんアプリを無料で簡単にダウンロード

QRコードが読み込めない場合はApp StoreまたはGoogle Playで「めりぃさん」と入力して検索してください。

「iPhone」の方は
こちらから

App Storeからダウンロード
App Storeのqrコード

「Android」の方は
こちらから

Google Playで手に入れよう
Google Playのqrコード