2021.07.07 UP
美とおしゃれ

顔のシミ予防と対策|種類と原因を知りケアしよう!

年齢肌の悩みで多いのが顔にできる「シミ」。顔のシミは見た目の印象を左右しやすく、積極的にケアしたいですよね。
今回は、女性の顔にできやすいシミの種類と原因、シミの予防法、できてしまったシミへの対策法をご紹介します。

女性に多いシミの種類と原因

女性の顔にできやすいシミは主に次の4種類です。

  • 老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)
  • 肝斑(かんぱん)
  • 雀卵斑(じゃくらんはん)
  • 炎症性色素沈着

特に多いのは「老人性色素斑」と「肝斑」です。4種類それぞれの原因や特徴を解説します。

老人性色素斑

老人性色素斑は加齢ともにできやすいシミで「日光性色素斑」とも呼ばれています。主な原因は紫外線で、40代以降の方にできることが多いですが、早い方は20代でできる場合もあります。

老人性色素斑では、円形や楕円形の茶色または薄茶色のシミが、左右バラバラの位置に生じるのが特徴です。

肝斑

肝斑は30代以降の女性にできやすいシミで、更年期を過ぎると目立たなくなる傾向にあります。肝臓の色に似ていることから肝斑と呼ばれています。女性ホルモンの変動が主な原因と言われており、妊娠中や出産後の女性に多く見られます。男性にはほとんど見られません。

肝斑は顔の左右対称にでき、頬骨のあたりに広がることが多いですが、口の周りや額などにできる方もいます。

雀卵斑(ソバカス)

ソバカスは見た目が雀(すずめ)の卵殻に似ていることから「雀卵斑」とも呼ばれます。子どもの頃にできて思春期にもっとも目立ち、その後徐々に薄くなる傾向にあります。

ソバカスは遺伝的な要因で発生します。5ミリ以下の小さなシミが両頬や鼻などに左右対称にできるのが特徴です。

炎症性色素沈着

炎症性色素沈着は、ニキビや湿疹、やけど、けがなどで肌に炎症が生じた後、シミになったものを指します。

炎症性色素沈着は顔のどの部位でもできることがあり、痛みやかゆみなどの自覚症状はないのが一般的です。

シミの予防対策

ここではシミを増やさないための予防法についてお伝えします。

紫外線対策で予防

シミはどの種類であれ、紫外線を浴びることで悪化すると言われています。したがって、シミの種類に関わらず、シミ予防には紫外線対策が重要です。

一年を通して日焼け止めクリームを塗り、紫外線が強い春から夏にかけては帽子や日傘なども使って紫外線から肌をガードしましょう。

紫外線はシミだけでなく、しわやたるみなどあらゆる肌老化の原因になります。美肌のためには紫外線対策が欠かせません。

食事で予防

食事では抗酸化作用のあるビタミンA・C・Eを含む食品を積極的に摂るのがおすすめです。ビタミンAはレバーやうなぎ、人参、ビタミンCはキャベツやブロッコリー、キウイ、かんきつ類、ビタミンEはカボチャ、アーモンドなどに多く含まれています。

食事で充分な量を摂るのが難しい場合はサプリメントで補うのも手です。

スキンケアで予防

肌を強くこすると、肌への刺激や摩擦でシミが濃くなってしまうことがあります。洗顔やマッサージをする時は肌に優しく触れてシミを予防しましょう。

また、シミ予防には美白有効成分を配合した化粧品でのスキンケアもおすすめです。美白有効成分には「アルブチン」「ビタミンC誘導体」「ルシノール」「トラネキサム酸」などがあります。

できてしまったシミへの対策

できてしまったシミへの対策には、メイクによるカバー、内服薬、レーザー治療、ケミカルピーリングなどがあります。

 

メイクでシミをカバーする時は、カバー力の高いファンデーションや、ピンポイントでシミを隠せるコンシーラーをうまく活用しましょう。

 

内服薬には「トラネキサム酸」「ビタミンC」「L-システイン」などを配合したものがあります。特に肝斑はトラネキサム酸が有効であると言われています。内服薬は市販品の他、皮膚科で処方されるものもあります。

 

より本格的にシミ対策をしたい時は皮膚科で治療するのも手です。内服薬の処方やレーザー治療、ケミカルピーリングなどを希望する場合は皮膚科で相談しましょう。

めりぃさん編集部のおすすめ

「めりぃさんのお取り寄せ」では、産地直送の「新鮮」で「安心」な食材を購入できます。
抗酸化成分を含むこだわりの食品をご紹介しますので、ぜひお試しください。

【予約販売】北海道産!ブロッコリー!6株

ブロッコリーに含まれるビタミンCはコラーゲンの生成を促します。美肌効果や免疫力をアップさせ、抗酸化作用によりアンチエイジングにも効果的です。

自然栽培で育てた静岡県産グリーンキウイ(Sサイズ)

キウイにはレモン2個分のビタミンCと、美肌効果のあるビタミンEがたくさん詰まっています。

京蕎麦 丹波ノ霧 そば素麺セットA(京蕎麦/京そば素麺)

そばに含まれるルチンは美肌効果があり、血行が良くなり肌つやがアップします。食物繊維とビタミンBも豊富に含まれており、ダイエット効果があります。

シミ対策を始めよう!

顔にシミがあると気になってしまいますよね。シミを予防して美肌をつくるためには、紫外線対策やスキンケアはもちろん、栄養バランスの良い食事、適度な運動、質の良い睡眠で心身の健康を保つことも大切です。今からできるシミ対策を始めましょう。

RANKING よく読まれている記事

更年期 終わりのサイン
健康と食
更年期の「終わりのサイン」って?更年期後、心と体に起こること
閲覧数 61,247
美とおしゃれ 趣味と教養
-5歳は若返る!? 50代からの正しいメガネの選び方
閲覧数 33,252
ごぼう茶
健康と食
美容に良いと話題のごぼう茶!効果や効能は?副作用はある?
閲覧数 22,224
美とおしゃれ
おすすめ キレイな50代女性がやっている10のこと!内側から滲み出る魅力もご紹介
閲覧数 20,500
健康と食
おすすめ 塩抜きダイエットレシピ5選!滋味豊かな食事メニューを楽しもう
閲覧数 15,109
暮らしと生き方
いくらあげる?孫へのお祝いやお年玉
閲覧数 11,118
スパイス 効能 用途
健康と食
有名なスパイス10種類の効能と用途一覧!スパイスたっぷりカレー粉を作ろう
閲覧数 8,016
健康と食
【受験生のお弁当】当日に力を発揮するための5つのポイント
閲覧数 6,394
二重あご 髪型
美とおしゃれ
二重あごが目立たない髪型は?おすすめヘアスタイルと二重あご解消法
閲覧数 6,266
おすすめ 空の巣症候群とは?子どもが巣立った後にできる3つの乗り越え方とは?
閲覧数 6,130
美とおしゃれ
50代女性は髪が命!髪がきれいな50代女性が魅力的な理由とは?
閲覧数 4,133
暮らしと生き方 趣味と教養
おすすめ 除菌スプレーは自分で作る!おうちで簡単に作るコツ
閲覧数 3,834
健康と食
牛肉の驚くべき事実!うつ・ストレス対策に効果絶大な食材がわかる
閲覧数 3,800
健康と食
ゲン担ぎで合格や開運を祈願!縁起のよい食べ物22選
閲覧数 3,555
美とおしゃれ
おすすめ エレガントな女性は持ち物で決まる!素敵なバッグの中身をご紹介!
閲覧数 3,554
定年後 資格 女性
暮らしと生き方 趣味と教養
定年後に役立つ資格って?女性におすすめの資格と難易度一覧
閲覧数 2,844
50代 ヒール 履く
美とおしゃれ
私だってヒール履きたい!50代女性が楽にヒールを履くためのポイント
閲覧数 2,198
健康と食
暑い・寒い・眠い・痛い!?更年期の症状は十人十色
閲覧数 2,064
健康と食 暮らしと生き方 特集・連載
おすすめ 桧山タミ先生が見つけた幸せな生き方「家族のために料理できるのはほんとうに幸せなこと」
閲覧数 1,833
健康と食
おすすめ 星野由香先生が教える「ほぐピラ」メソッド
閲覧数 1,694
もっと見る

今が定期購読を始めるチャンス!

表紙
表紙

めりぃさん
発行:ては〜とホールディングス株式会社

めりぃさんアプリをダウンロード→会員登録して無料定期購読をはじめよう! 会員特典0円

めりぃさん
発行:ては〜とホールディングス株式会社

毎日の暮らしや健康ライフをサポートする情報誌「めりぃさん」を定期購読しませんか?めりぃさんアプリをダウンロードして会員登録頂くと、特典として、年6回発行される情報誌めりぃさんを永年無料でご自宅までお届けします。ぜひこの機会に、めりぃさんアプリからお申し込みください。

または、お使いのケータイにめりぃさんアプリを無料で簡単にダウンロード

QRコードが読み込めない場合はApp StoreまたはGoogle Playで「めりぃさん」と入力して検索してください。

「iPhone」の方は
こちらから

App Storeからダウンロード
App Storeのqrコード

「Android」の方は
こちらから

Google Playで手に入れよう
Google Playのqrコード