2020.09.02 UP 0 閲覧数 87
おすすめ特集・連載

50代からの貯金・年金のリアル

コロナ禍に負けない貯金法

知っておきたい年金知識

ファイナンシャルプランナー 畠中雅子さんが

お金不安お答えします。

Q1.「老後資金=2000万円」が話題になりましたが、本当のところ、いくらあれば安心ですか?

A. 実はこの問いに、「正解」はありません。1000万円以下の貯蓄でも老後を乗り切れる方がいるいっぽうで、5000万円以上の老後資金を持っていても、不足するご家庭があるからです。老後資金の必要額は、「年金では足りない生活費の不足額=年間の赤字額」で決まります。2000万円という数字に惑わされず、年金には収まり切らない生活費はいくらか
見積もることが重要です。

Q2. ふだんはnanacoなど、いろいろな電子マネーを使っていますが、何かに絞ったほうがお得ですか?

A. 電子マネーを選ぶ際は、行動習慣のチェックをしましょう。電子マネーは1枚に絞るとポイントは貯まりやすくなるものの、使えない場所があったらポイントを逃がすことに。nanacoのほかに楽天Edyやクイックペイのように、多くの場所で決済できる電子マネーと組み合わせて使うと、ポイントを取り逃がさずにすみます。とはいえ、決済手段は3種類くらいに抑えることも大切です。

Q3. 「固定費」を見直して、貯金を増やすと良いと聞きました。年金世代は、何から手をつければいいですか?

A. 「固定費」とは毎月出ていって、払う金額が決まっているお金のこと。例えば、住居費(家賃など)、保険料、習い事代、こづかい、車の維持費など。年金世代で子どもが独立しているならば、高額な生命保険料は要検討を。車を使うのが遠出の際だけなら、手放してレンタカーを利用すれば、維持費などが削減できます。現役世代の人は住宅ローンの残高が少ないなら、貯蓄から一括返済という手も。

Q4. 在宅ワークが増え、通信費が1万円もアップ!どんな対策をすればいいですか?

A. 在宅でパソコンワークをするために、通信環境の整備は必須です。通信量が無制限になるルーターの契約をしていると思いますが、費用は事業者ごとに異なっています。高いのに通信速度が遅い事業者もありますし、プランは日進月歩です。まずは現在の契約を確認して、「早くて、安い」事業者を探しましょう。携帯電話での打ち合わせが多いのであれば、カケホーダイの契約にするのも大切です。

貯蓄をたくさんしたいのは、誰しもが願うところ。でも、収入に合った金額を貯めるのが重要で、貯金にとらわれすぎて現役時代の生活を息苦しくするのも考えものです。

 

まずは、現在の家計で「手取り月収の10〜15%程度」を貯められているか確認してみてください。手取り月収は税金と社会保険料を引いた金額のこと。社宅の家賃や保険料などが給与から引かれていたら、その金額は手取り月収に加算してください。

 

手取り月収の10〜15%程度の貯蓄ができていれば、今より1割程度、貯蓄を増やすことも検討しましょう。貯蓄が月2万円の場合、1割増やして2万2000円を貯蓄に回すのです。2万円から3万円への増額は難しくても、1000円単位なら、できる方が多いはずです。

 

現時点で10%未満の貯蓄しかできていなければ、家計予算の見直しが必要です。見直しを検討する際は、夫婦のこづかいは手取り月収の10%、通信費と電気・ガス・水道代はそれぞれ6〜7%くらいに収まっているかどうかをチェックしてください。こづかいには昼食代や通勤にかかるガソリン代などを含まず、自由に使えるお金です。

年金制度が改正され、年金を貰い始める年齢に「75歳から」という選択肢が増えたことで、「75歳になるまで、年金が貰えなくなるの?」とあせった方がいるかもしれません。ですが、基本は65歳から受け取ります。65歳までは何らかの形で働くことを前提に、年金生活を考えるのが現実的です。

 

年金生活を考えるときは、50歳以降(の誕生月)に受け取るねんきん定期便を参考にしましょう。50歳以降のねんきん定期便は、「60歳まで保険料を支払ったら、あなたは〇〇円の年金が貰えます」という具体的な金額が記載されているからです。ねんきん定期便の金額は「年額」
なので、12で割って、ひと月の年金額を計算してください。

 

次に、ひと月分の年金額では食費や光熱費、日用品費などをどれだけまかなえそうか、考えてみましょう。足りない分は貯蓄でまかなうことになります。貯蓄が少ない場合でも、65歳以降に年金とは別に月に数万円程度の収入を得られれば、赤字を抑えられます。

 

2000万円などの大きな金額には目を向けず、自分自身の年金額をベースに考えたほうが、具体的なプランを立てやすくなります。

RANKING よく読まれている記事

美とおしゃれ
おすすめ キレイな50代女性がやっている10のこと…
0 閲覧数 2,832
健康と食
おすすめ 塩抜きダイエットレシピ5選!滋味豊かな食…
0 閲覧数 1,338
健康と食 暮らしと生き方 特集・連載
おすすめ 桧山タミ先生が見つけた幸せな生き方「家…
0 閲覧数 755
健康と食
おすすめ 星野由香先生が教える「ほぐピラ」メソッド
0 閲覧数 574
美とおしゃれ 趣味と教養
-5歳は若返る!? 50代からの正しいメ…
0 閲覧数 429
暮らしと生き方 趣味と教養
おすすめ 除菌スプレーは自分で作る!おうちで簡単に…
0 閲覧数 400
健康と食
暑い・寒い・眠い・痛い!?更年期の症状は…
0 閲覧数 293
特集・連載 趣味と教養
【special interview】「…
0 閲覧数 280
特集・連載 美とおしゃれ
【美容特集】グレイヘアという選択
0 閲覧数 256
エンタメ 美とおしゃれ
【クローズアップ vol.1】純 烈
0 閲覧数 249
健康と食 美とおしゃれ
健康も美容も両方叶える!50代女性のおす…
0 閲覧数 223
美とおしゃれ
50代女性は髪が命!髪がきれいな50代女…
0 閲覧数 223
健康と食 暮らしと生き方
イライラする!?更年期障害の改善に期待で…
0 閲覧数 217
美とおしゃれ
ナチュラルで凛としたグレイヘアを楽し…
0 閲覧数 199
エンタメ
オトナにおすすめ!YouTubeチャンネ…
0 閲覧数 189
美とおしゃれ
50代女性がスタイリッシュに見えるファッ…
0 閲覧数 178
健康と食 特集・連載
おすすめ 大人も子どもも お菓子を楽しみながら、子…
0 閲覧数 177
健康と食
プチファスティングで身体の不調を改善!
0 閲覧数 171
暮らしと生き方 特集・連載
おすすめ 【生き方特集 1】樹木希林さんからの手紙…
0 閲覧数 167
健康と食 美とおしゃれ
体臭は食事から?食べ物から意識してみよう
0 閲覧数 167
もっと見る

今が定期購読を始めるチャンス!

表紙
表紙

めりぃさん
発行:ては〜とホールディングス株式会社
編集:株式会社主婦の友社

めりぃさんアプリをダウンロード→会員登録して無料定期購読をはじめよう! 会員特典0円

めりぃさん
発行:ては〜とホールディングス株式会社
編集:株式会社主婦の友社

毎日の暮らしや健康ライフをサポートする情報誌「めりぃさん」を定期購読しませんか?めりぃさんアプリをダウンロードして会員登録頂くと、特典として、年6回発行される情報誌めりぃさんを永年無料でご自宅までお届けします。ぜひこの機会に、めりぃさんアプリからお申し込みください。

まずは、お使いのケータイにめりぃさんアプリを無料で簡単にダウンロード

QRコードが読み込めない場合はApp StoreまたはGoogle Playで「めりぃさん」と入力して検索してください。

「iPhone」の方は
こちらから

App Storeからダウンロード
App Storeのqrコード

「Android」の方は
こちらから

Google Playで手に入れよう
Google Playのqrコード