2021.08.25 UP
健康と食暮らしと生き方

閉経の平均年齢は50歳前後!月経の変化や時期の予測を解説

女性のライフステージのひとつである「閉経」。
今回は、閉経とはどんな状態を指すのか、閉経の平均年齢や兆候、閉経時期の予測など、女性が知っておきたい閉経についての知識をお届けします。

女性が知っておきたい閉経のこと

女性なら誰もが経験する閉経について、押さえておくと役立つ知識をご紹介します。

 

日本女性の閉経の平均年齢は50歳前後

そもそも閉経とはどんな状態のことを言うのでしょうか? 女性は加齢とともに卵巣の機能が低下し、排卵が起こらなくなり、いずれ閉経を迎えます。閉経とは、月経が1年以上こない状態が続いたときに、閉経したと判断します。

 

日本女性の閉経の平均年齢は50歳前後と言われています。とはいえ、閉経する時期は個人差が大きく、早い人は40歳前後で閉経することもあれば、遅い人は50代後半を過ぎて閉経することもあります。

 

閉経の兆候とは?月経の変化を紹介

一般的には、閉経が近づくと次のような月経の変化がよく見られます。

  • 30代後半から40代前半にかけて月経周期が短くなる。経血量が少なくなる。
  • 40代後半頃から月経の回数が減る。経血量が増えたり減ったりする。
  • 50歳頃に閉経を迎える。

経血量が増えたり減ったりするのは、女性ホルモンの分泌が一定せず、不安定になるためです。大量に出血したり、不正出血が起こったり、だらだらと出血が続いたりすることもあります。

 

ただ、月経の変化にも個人差があり、誰もが閉経までに上記のような変化をたどるわけではありません。特に兆候がないまま、急に閉経する人もいるなど、閉経までの月経の変化は人それぞれです。

 

まずは「閉経の兆候として、上記のような月経の変化が起こり得る」と知っておくことが安心につながります。

 

閉経の時期はある程度なら予測できる

自分の閉経年齢を計算する方法はあるのでしょうか? 閉経の時期を知るために自分でできることとして、基礎体温をつけることが挙げられます。排卵している時は基礎体温が高温期と低温期に分かれますが、高温期がなくなると閉経が近いサインと考えられます。

 

また、血液検査で「エストロゲン」と「卵胞刺激ホルモン」の数値を調べることで、閉経が近いかどうかをある程度予測することも可能です。ただ、閉経の明確な時期までは分かりません。

 

なお、月経の変化には何らかの病気が潜んでいることもあります。病気を見逃さないためには、定期的に婦人科検診を受ける他、何でも相談できるかかりつけの婦人科があるとよいでしょう。

 

閉経との向き合い方

「閉経すると女性らしさがなくなる」という声もありますが、閉経は考え方次第でポジティブに捉えることもできます。たとえば、「生理によるつらい不調がなくなる」「温泉や旅行などの計画が立てやすくなる」などは閉経のメリットです。

 

また、「女性らしさ」とは、女性ホルモンだけでなく、ファッションやメイク、立ち振る舞い、言葉遣いなどをすべて合わせて作られるもの。50代以降になると、あらゆる人生経験を重ねた心の余裕も「大人の女性らしさ」につながるでしょう。

 

閉経を迎えた後、よりいっそう輝きが増す女性はたくさんいます。人生100年時代、閉経は次のライフステージへのステップと前向きに捉えましょう。

女性が知っておきたい更年期のこと

閉経と切っても切り離せないのが更年期です。更年期とは、閉経を挟んだ前後5年間の合計10年間をいいます。更年期には女性ホルモンである「エストロゲン」の分泌が急激に減少することで、心身のさまざまな不調が出ると考えられています。

 

更年期の不調がつらい時は無理をせず、かかりつけ医で相談しましょう。ホルモン補充療法や漢方療法などの治療法があり、不調を改善する効果が期待できます。

 

また、大豆食品に含まれる大豆イソフラボンは「エストロゲン」と似た働きをすると言われています。豆腐や味噌、納豆、豆乳などの大豆食品には、大豆イソフラボンやタンパク質、カルシウムなどの栄養が豊富に含まれています。食事で上手に取り入れましょう。

更年期に摂りたいおすすめ食材

「めりぃさんのお店」では、産地直送の「新鮮」で「安心」な食材を購入できます。こだわりの大豆食品をご紹介しますので、ぜひお試しください。

とうふ屋さんの大豆バター3本セット

九州産の大豆「フクユタカ」や、喜界島産のさとうきびから採れる純黒糖などを使用した大豆バターです。パンやホットミルク、クラッカー、白和えなどでお楽しみいただけます。

【送料無料】黒千石大豆(在来種)味噌 2kg

幻の大豆といわれた黒千石大豆の旨味がギュッと詰まった味噌です。

自然栽培大豆100% 納豆(45g×2P)×6個セット

久保農家自慢の自然栽培大豆を100%使用したふっくら大粒の納豆です。遺伝子組み換えや農薬の心配がない安全・安心の食材です。

閉経後も輝く女性になろう!

閉経は女性なら誰もが経験すること。とはいえ、初めて迎える閉経に戸惑いや不安を感じるのも当然です。

 

閉経が近い時の月経の変化や、閉経時期をある程度予測する方法があることを知っていれば、自分の体に変化が起こった時に受け止めやすくなります。前向きに体の変化と向き合い、閉経後も輝く女性になりましょう。

RANKING よく読まれている記事

更年期 終わりのサイン
健康と食
更年期の「終わりのサイン」って?更年期後、心と体に起こること
閲覧数 61,284
美とおしゃれ 趣味と教養
-5歳は若返る!? 50代からの正しいメガネの選び方
閲覧数 33,391
ごぼう茶
健康と食
美容に良いと話題のごぼう茶!効果や効能は?副作用はある?
閲覧数 22,384
美とおしゃれ
おすすめ キレイな50代女性がやっている10のこと!内側から滲み出る魅力もご紹介
閲覧数 20,615
健康と食
おすすめ 塩抜きダイエットレシピ5選!滋味豊かな食事メニューを楽しもう
閲覧数 15,398
暮らしと生き方
いくらあげる?孫へのお祝いやお年玉
閲覧数 11,284
スパイス 効能 用途
健康と食
有名なスパイス10種類の効能と用途一覧!スパイスたっぷりカレー粉を作ろう
閲覧数 8,075
健康と食
【受験生のお弁当】当日に力を発揮するための5つのポイント
閲覧数 6,414
二重あご 髪型
美とおしゃれ
二重あごが目立たない髪型は?おすすめヘアスタイルと二重あご解消法
閲覧数 6,296
おすすめ 空の巣症候群とは?子どもが巣立った後にできる3つの乗り越え方とは?
閲覧数 6,161
美とおしゃれ
50代女性は髪が命!髪がきれいな50代女性が魅力的な理由とは?
閲覧数 4,172
健康と食
牛肉の驚くべき事実!うつ・ストレス対策に効果絶大な食材がわかる
閲覧数 3,877
暮らしと生き方 趣味と教養
おすすめ 除菌スプレーは自分で作る!おうちで簡単に作るコツ
閲覧数 3,859
健康と食
ゲン担ぎで合格や開運を祈願!縁起のよい食べ物22選
閲覧数 3,735
美とおしゃれ
おすすめ エレガントな女性は持ち物で決まる!素敵なバッグの中身をご紹介!
閲覧数 3,589
定年後 資格 女性
暮らしと生き方 趣味と教養
定年後に役立つ資格って?女性におすすめの資格と難易度一覧
閲覧数 2,864
50代 ヒール 履く
美とおしゃれ
私だってヒール履きたい!50代女性が楽にヒールを履くためのポイント
閲覧数 2,246
健康と食
暑い・寒い・眠い・痛い!?更年期の症状は十人十色
閲覧数 2,069
健康と食 暮らしと生き方 特集・連載
おすすめ 桧山タミ先生が見つけた幸せな生き方「家族のために料理できるのはほんとうに幸せなこと」
閲覧数 1,849
健康と食
おすすめ 星野由香先生が教える「ほぐピラ」メソッド
閲覧数 1,701
もっと見る

今が定期購読を始めるチャンス!

表紙
表紙

めりぃさん
発行:ては〜とホールディングス株式会社

めりぃさんアプリをダウンロード→会員登録して無料定期購読をはじめよう! 会員特典0円

めりぃさん
発行:ては〜とホールディングス株式会社

毎日の暮らしや健康ライフをサポートする情報誌「めりぃさん」を定期購読しませんか?めりぃさんアプリをダウンロードして会員登録頂くと、特典として、年6回発行される情報誌めりぃさんを永年無料でご自宅までお届けします。ぜひこの機会に、めりぃさんアプリからお申し込みください。